くらし情報『置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ』

置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ

2018年3月27日 05:00
 

置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ


新居に引っ越し、荷物が片付いたのはいいけれど「TVを置いたら圧迫感がスゴイ」とか「よく見たら地味な部屋だな」なんてことはよくあります。かと言って家具のレイアウトを変えたり、オシャレなインテリアを揃えたりするのはハードルが高かったりします。そこで今回は、そんなお部屋の悩みをカンタンに解決してくれる“秘密兵器”をご紹介したいと思います。

ただ置くだけで部屋の
イメージが激変!

家具のレイアウト変更や壁紙の貼り替え、インテリアグッズの購入など部屋のイメージを変える方法はいろいろありますが、できることならあまり手間とお金はかけたくないですよね。

置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ


そこでオススメなのが「間接照明」。大掛かりな道具や面倒なセッティングは一切不要で、数千円程度の出費でお部屋のイメチェンが可能になります。

今回はAmazonで購入できる照明アイテムを使った「お部屋のイメチェン術」3パターンをご紹介したいと思います!

【パターン1】角を
照らして奥行きを出す

角などの奥まった場所は光が届きにくく、暗くなることで部屋を狭く見せてしまいます。

置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ


そんな部屋の隅をクリップライトで照らしてみると……

置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ


奥行きが生まれて空間が広く感じられました。なお、植物を置くとより効果的に見えます。

使用したアイテムはコチラ

置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ


オーム電機
クリップライト E26
実勢価格:1473円

置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ


写真左:オーム電機のクリップライト
写真右:他社のクリップライト

オーム電機のクリップライトは可動域が広いので、奥まった場所でもピンポイントで照らすことができます。

【パターン2】裏側を
照らして圧迫感を解消

圧迫感を感じる大型テレビとテレビ台のセット。視線が集まる場所なだけに、圧迫感があると部屋が狭く感じられます。
置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ


そんなテレビの裏側を照明で照らしてみると……

置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ


黒いテレビと白い壁の強いコントラストがやわらぎ、圧迫感が軽減しました。

使用したアイテムはコチラ

置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ


ELPA
コード付ソケット E26
定格:125V 3A
コードの長さ:約1.5m
実勢価格:609円

※電球は付属していません

ELPAの「コード付きソケット」はお手頃価格かつ小型なので、テレビの裏のちょっとしたスペースにカンタンに設置できます。なお、金口直径26mm・60W以下の電球が別途必要です。

【パターン3】視線の
先を照らして広く見せる

【パターン2】ではテレビの裏側を照らしていましたが、前方にも照明を置くと空間をより広く見せることができます。

置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ


テレビの前のように「視線が集まりやすい場所」を明るくすると、空間が広くなったように感じます。

使用したアイテムはコチラ

置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ


不二貿易
ボール型ランプ 直径20cm
実勢価格:2887円

不二貿易の「ボールランプ」はテレビ台の上に置きやすい大きさで、あたたか味のある光を放つ点もオススメ。また、インテリアとしても映えます。

置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ


ランプの裏側からソケットに電球を差し込むだけで準備完了です。

置くだけで部屋の「狭い・地味」を解決するAmazonの秘密兵器がコチラ


写真左:直径20cm
写真右:直径25cm

不二貿易の「ボールランプ」は25cmタイプもありますが、大きさ的にテレビ台に置きづらいです。表面のガラスが薄くて衝撃に弱いところも難点。さらに光の広がりも20cmタイプよりイマイチといった印象です。

という訳で、テレビの前に置くなら25cmより20cmタイプの方がオススメです。

以上、間接照明を使ったお部屋のイメチェン術のご紹介でした。

空間を広く見せたいならば“視線の集まりやすい場所や視線の先を照らす”というのが一番のポイント。今回はリビングで検証しましたが、他の部屋にも応用できるので「部屋が狭い、地味」とお悩みの方はぜひ間接照明を取り入れてみてください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.