くらし情報『模様替えは「クイックルワイパー目線」でお掃除ストレス解消!』

模様替えは「クイックルワイパー目線」でお掃除ストレス解消!

2018年4月7日 12:00
 



家具と家具のすき間のお掃除、どうしていますか。家具を動かすのはめんどうだし、専用グッズは家にないし……。この問題は「クイックルワイパー目線」が解決します。模様替えのときがチャンスですが、今のまま、部分的にちょっと動かすだけでもOKです。何も買い足さず、ラクにすき間掃除をしたいならこの方法ですよ。

へッド分あけておく、それだけ。
日々の掃除が驚くほどラクチンです!

この問題、いつも床掃除をしているワイパー(または掃除機)を中心に考えれば、もう解決なんです。ワイパーが入らないところは掃除ができないなら、家具をワイパーのヘッド分、約15cmあけて配置すればOKです。とはいえ、ぜんぶの間をあけるのはむずかしいので、キャスターを付けられるものは付けて、動かしてお掃除、キャスターを付けられない大きな書棚やソファーなどにはこの15cmあけをすると、床掃除はかなりスムーズになります。



こういう微妙なすき間、いったん移動しないと掃除できません。強引にヘッドをねじ込んでも、うまく汚れがとれなくてイライラします。

そこで、ふだん使っている掃除機やフロワーワイパーのヘッドが入る分だけ、家具の間をあけます。最初からすき間があると床掃除を中断することなく、そのままお掃除ができてストレスフリーです。



今回、お掃除をラクにするアイディアをおしえてくださったのは、収納インテリアアドバイザーの大橋わかさんです。「わが家もこの技を使っていますが、掃除がラクですよ」(大橋わかさん)



収納インテリアドバイザー
大橋わかさん

ちょっとのことですが、このすき間をつくるとストレスが減りますよ。専門家も実践しているこの方法、ぜひ試してみてください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.