くらし情報『インリン、“魔のお菓子売り場”で必死だった育児思い出す「本当に成長したなぁ」』

2019年11月13日 12:10

インリン、“魔のお菓子売り場”で必死だった育児思い出す「本当に成長したなぁ」

インリン、“魔のお菓子売り場”で必死だった育児思い出す「本当に成長したなぁ」


アメーバニュース

タレントのインリンが12日に自身のアメブロを更新。長男とともにスーパーに行き、必死に育児をしていた頃を思い出したというエピソードをつづった。

インリンは冒頭で、スーパーのお菓子売り場でお菓子を見る息子の後ろ姿の写真を公開。「二人で昔よく行っていたスーパー」に久しぶりに行ったことを説明した。

インリンにとってこのスーパーは「小さい頃長男がよく泣きわめいた場所」「この飴ほしい、、、あのお菓子ほしい!…と言って」「ほぼ毎回床に座って泣きわめいた場所」「私も毎回泣きそうになるくらい心が折れてしまいそうな場所」など思い入れがある場所だといい、「今日、その場所に立っている長男の後ろ姿を見て、、、あの頃は本当に余裕がなく必死だったなぁと当時の気持ちを思い出してしまいました。」としみじみ語った。

最後に「相変わらず、長男は今でも頑固で、忘れものや服やパンツを逆さまに着る事は多いけど」と前置きをした上で「今は弟と妹とスーパーに入る前に入り口で、ゆっくりした口調で二人の目をしっかり見て「いい?…一つしか買っちゃだめよ!お兄ちゃんも一つしか買わないからね!」とかって、私よりもしっかり双子に言い聞かせているお兄ちゃんになりました」「本当に成長したなぁ」と感慨深げにつづりブログを締めくくった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.