くらし情報『古村比呂、抗がん剤治療で脱毛始まる「3日間位で98%抜けました」』

2018年2月14日 12:56

古村比呂、抗がん剤治療で脱毛始まる「3日間位で98%抜けました」

古村比呂、抗がん剤治療で脱毛始まる「3日間位で98%抜けました」


アメーバニュース

今月4日、がんが再々発したことを明かした女優の古村比呂が13日に更新したアメブロで、抗がん剤治療開始後約2週間で脱毛が始まったことを記している。

古村は2011年に子宮頸がんがわかり、12年3月に手術。昨年3月に再発したときには、抗がん剤・放射線治療を受けた後、腫瘍マーカーが正常値になったことを報告していたが、今月4日のイベントで昨年11月にがんが再々発したことを告白。肺とリンパ節にがんが見つかり、2月6日には二回目の抗がん剤治療を受けることをつづっていた。

11日のブログでは、抗がん剤の副作用が出ており、吐き気のほか手足の痺れと冷えと痒みがあると報告していたが、13日は、「3日間位で 98%抜けましたあっという間でした」と振り返る。

今もパラパラと抜けているため、枕元や床などに散らばるといい、脱毛時のヘアキャップおよびウイッグのアンダーキャップを重宝しているとのこと。

古村のブログには、エールのほか、「私も再発癌闘病中です。何で私なの!という苦悩もまだまだありますが、とりあえず何でもいいから楽しむ事にしています比呂さんのような有名な方が発信して下さると、周りの対応も少しずつ変わってきて心強いです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.