くらし情報『荒牧慶彦、卒業する『薄桜鬼』への思い「叶うなら沖田編をやりたかった」』

荒牧慶彦、卒業する『薄桜鬼』への思い「叶うなら沖田編をやりたかった」

2018年2月14日 14:13
 

荒牧慶彦、卒業する『薄桜鬼』への思い「叶うなら沖田編をやりたかった」


アメーバニュース

2.5次元舞台などで活躍中の俳優・荒牧慶彦が13日に自身のアメブロを更新。ミュージカル『薄桜鬼』を卒業することを報告した。

ミュージカル『薄桜鬼』は、シリーズ累計100万本を超えるゲーム『薄桜鬼』を原作とするミュージカル。2012年3月に上演した第一弾「斎藤 一篇」を皮切りに、「沖田総司 篇」「土方歳三 篇」「黎明録」「新選組奇譚」「原田左之助 篇」などこれまで八弾を上演。そのほか、ライブコンサート「HAKU-MYU LIVE」、「HAKU-MYU LIVE2」も開催している。荒牧は第六弾の「黎明録」より、沖田総司役で出演していた。

荒牧は、同日に新作公演の全キャストが発表されたことを受け、「もう皆さんもご存知の通り、俺は今回で薄ミュを卒業となりました」と報告。「俺にとってのミュージカル「薄桜鬼」は黎明録から始まり、新選組奇譚 薄ミュライブ そして原田編。たくさんの思い出があります」とエピソードを振り返り、「何もかもが良い思い出でありかけがえのないものです」とつづった。

荒牧は「今回も沖田総司として出演したかった。叶うなら沖田編をやりたかった」と正直に告白するも「新生薄桜鬼キャストを信じ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.