くらし情報『木下医師、駅のホームで右足を捻挫「51才でありながら、階段を5段飛んで」』

2019年5月15日 15:05

木下医師、駅のホームで右足を捻挫「51才でありながら、階段を5段飛んで」

木下医師、駅のホームで右足を捻挫「51才でありながら、階段を5段飛んで」


アメーバニュース

プロレスラーでタレントのジャガー横田の夫で医師の木下博勝氏が14日に更新した自身のアメブロで、右足を捻挫したことを明かした。

木下氏は、前日に起きた駅のホームでの出来事を振り返り「階段を降り始めた時に、ホームに電車が到着していて、階段をかけ下りました」「焦った僕は、最後の5段を一気にジャンプ」と説明。続けて「右足から着地、その瞬間、グキ!あれ、右足が言うことを聞かない状態に」と異変が起きたことを明かした。

「恥ずかしかったですが、ケンケンをして電車に乗り込みました」という木下氏は「席に座ってから、痛みが出始め、靴のなかで足が腫れて来るのが分かりました。足を地面に着くと痛みが」と説明。帰宅するまでに90分はかかるため「無事にたどり着けるか」と不安になるほどだったといい、ひとまずジャガーにメールで連絡したという。

するとジャガーからは「固定のテープと湿布を用意しておくよ」との返事があったといい、「エレベーター、エスカレーターを駆使して、タクシーも使って、何とか帰宅出来ました。また意外?にも、たいしも心配してくれて、僕の身の回りの事をやってくれたり、僕が動かなくて良いように、自分が動いてくれたりと、少し感動しました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.