くらし情報『山田邦子、日本の喫煙事情に物申す 喫煙可能な飲食店に怒りぶちまける「ふざけんな」』

山田邦子、日本の喫煙事情に物申す 喫煙可能な飲食店に怒りぶちまける「ふざけんな」

2018年3月14日 15:49
 

関連リンク

・嵐・松本潤の神対応に「いつ死んでもいいと思った」アジアン馬場園が明かす
・濱口優、南明奈へのプロポーズはTDSで レギュラー番組で生報告
・郷ひろみ、西城さんへ弔辞 声詰まらせ「秀樹の背中を見て、歌い続けたい」
山田邦子、日本の喫煙事情に物申す 喫煙可能な飲食店に怒りぶちまける「ふざけんな」


アメーバニュース

タレントの山田邦子が14日、自身のアメブロを更新。日本の喫煙事情に怒りをぶちまけている。

「私は、受動喫煙防止の委員にもなっているので、がんばらなくっちゃ!」と切り出した山田。「テレビで、偉そうなこと言ってる芸能人もなんと喫煙者が多いことか!!飲食店内で吸ったり、会議室、打ち合わせ室で、当たり前のように吸ってます」と喫煙者の多いテレビ業界の現状を報告した。

続けて「かっこ悪過ぎて、がっかりします。自宅でたっぷり吸ってから、来ればいいのに。何で、私の前で吸うんだろう。私に死んで欲しいんだな………酷いなあ………って、今までは、思ってたの」とつづり、「でも違うのね? 知ってるのよね、新聞も読んでるし、情報も入ってる。だのに、って、これ、中毒です!!病気なんです。可哀想なの。気がついて、病院の先生と治し始めてる人が、増えています。そーゆー人は応援したいです。がんばって」と喫煙者に呼びかけた。

山田は日本の喫煙事情にも言及。「外国で街なかや公共の場で喫煙出来る国なんて、今や、ほとんどない。シガーバーみたいに、ルールを守って煙を愛するカッコいい人たちのように、愛煙家の集まれる喫煙バーとか、作ればいいのに」と持論を展開した。

さらに「鎌倉のおしゃれなマーケットで、最近『タバコの販売 やめます』の貼り紙発見! やるなーでも、その横のおしゃれなカフェは、外席でガバガバ喫煙。惜しい!!」とつづり、「ファミリーレストランチェーンやファストフードチェーンが、続々と店内での原則禁煙へ。当たり前だよね?赤ちゃんや子どもいっぱいだもんね」「お客側は、お店を選べるから、まだいいけど、そこで働く人たちも大変」と飲食店禁煙化の必要性を訴えている。

ブログの最後には「いやー、ここんところ調子悪くて、やっと元気になって来て、また酒場行くようになったらすごく感じたんだよね、ふざけんな、って」と強い口調でつづり、「もー、いいかげん、嫌だよ」と怒りをあらわにしている。

山田は2007年、自身の乳がんの発覚を機に禁煙。現在は『NO MORE!受動喫煙~僕たち、私たちの未来に~』プロジェクトの共同主催者として活動している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.