くらし情報『北斗晶、53歳最後の夜に起きたハプニング「ゴミ拾いと床拭きが大変だった」』

2021年7月13日 12:39

北斗晶、53歳最後の夜に起きたハプニング「ゴミ拾いと床拭きが大変だった」

北斗晶、53歳最後の夜に起きたハプニング「ゴミ拾いと床拭きが大変だった」


アメーバニュース

タレントの北斗晶が12日に自身のアメブロを更新。53歳最後の夜に起きたハプニングを明かした。

この日、北斗は「髪を染めに夕方、美容室に行って帰ってきたら…なんとゴミが散乱」と家の中にゴミが散乱していたことを説明。これまでにも「時々、ゴミを捨てようとまとめて台所の隅の方とかに置き忘れると…家の中が夢の島みたいになってる時があった」と明かし、「YouTubeの料理撮影をしたので食品ゴミが沢山あったからも~ゴミ拾いと床拭きが大変だった」「53歳最後の夜は生ゴミ払いと床拭きで終わった」と報告した。

続けて、ゴミを散乱させた犯人については「花梅田鈴の内、誰かが先頭でやってるはず…」と4匹の愛犬に疑惑の眼差しが向いたといい、「家族全員が誰か直ぐに分かった。ゴミを人間が居なくなった瞬間に漁る賢さ!!そして…しらばっくれるのが上手い。家族の予想は…全員が花!!」と、愛犬・花ちゃんの仕業と予想したことを説明。

また、実際に北斗が「誰ーーーーーー」と叫んだところ、他の3匹が「ビビったけどキョトン」としているにも関わらず、「花ちゃんだけは…この顔!!」と気まずそうな顔をみせたといい、その写真を公開。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.