くらし情報『矢口真里、久しぶりの新曲を報告「タンポポの楽曲を彷彿」など称賛の声』

2019年2月14日 18:10

矢口真里、久しぶりの新曲を報告「タンポポの楽曲を彷彿」など称賛の声

矢口真里、久しぶりの新曲を報告「タンポポの楽曲を彷彿」など称賛の声


アメーバニュース

元モーニング娘。でタレントの矢口真里が13日に自身のアメブロを更新。久しぶりの新曲が13日から配信されることになったと報告した。

新曲とは、シンガーソングライター・大森靖子が作詞・作曲を手がけた『白いHeLLO gOOdbye』で、「久しぶりの歌新曲凄く嬉しいです」とテンションも高い様子。

同曲は、当初バラエティ番組『矢口真里の火曜The NIGHT』(AbemaTV)で開催している、アイドルイベント『やぐフェス』のために企画制作されたもの。しかしファンからの声で配信されることになったといい、矢口は「こうして形になったのはファンの皆さんからの声のおかげです!!本当にありがとうございました」と感謝の気持ちをつづった。

ファンからは、「真里さんの澄んだ高音が心地よく、ずっとリピートして聴いております。タンポポの楽曲を彷彿とさせる少しノスタルジックで寒風に舞う雪のように儚さのある音はこの季節と相俟ってより心に響きます。」「ダウンロードなので1回だけですが、CDだったら保存用・鑑賞用・布教用…って何枚か買ってたと思います(笑)早速繰り返し聞いています」「カワイイです!! 新曲 メッチャおめでとうございます!! 」「それにしても、何て透き通ったキレイな声なの?」などといったコメントが寄せられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.