くらし情報『恥ずかしい過去や恐怖体験も『真冬のオオカミくん』出演中の男性メンバーがバレンタインの思い出語る』

恥ずかしい過去や恐怖体験も『真冬のオオカミくん』出演中の男性メンバーがバレンタインの思い出語る

2018年2月15日 12:03
 

関連リンク

・『ブラックペアン』最終回 “猫ちゃんと渡海先生”の関係について二宮和也「衝撃的ですよ」
・田原俊彦、40周年を前にアイドル人生振り返る SNS普及で「今の子はかわいそう」
・シャイア・ラブーフ、新作映画でデヴィッド・エアー監督と再タッグ
恥ずかしい過去や恐怖体験も『真冬のオオカミくん』出演中の男性メンバーがバレンタインの思い出語る


アメーバニュース

2月14日のバレンタインに寄せて、AbemaTVオリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミくんには騙されない』のシーズン3『真冬のオオカミくんには騙されない』に出演中の男性陣が、アメブロでバレンタインエピソードを紹介した。

『オオカミくんには騙されない』は、本気で恋愛をしたい女子高生たちが、イケメン男子とデートを繰り返しながら恋に落ちていくまでを追いかける恋愛リアリティーショー番組。ただし、男子の中には嘘をついたり、好きでもないのに好きなフリをして恋を邪魔する「オオカミくん」が最低でも1人混ざっており、よりリアルな恋愛模様を引き起こすことが見どころの1つとなっている。

モデルの若槇太志郎は、中学2年生の頃のエピソードを紹介。当時、若槇の通う学校ではチョコレートを持ってくることが禁止されており、ある後輩の女の子が、わざわざ若槇の自宅までチョコを渡しに来てくれたのだという。若槇はその女の子に家を教えていなかったため、「とても真面目で純粋で可愛いなぁと思う反面、、、、同時に恐怖も感じました」とつづった。さらに理想のバレンタインとして「やっぱり手作りチョコを貰いたい」とコメント。「「本命は初めてなんだ」みたいなことを嘘でもいいから言われたらたまらんたまらん」とテンションが上がった様子でつづった。

LINE LIVE SUPER BEATZ高校生BATTLE』初代チャンピオンに輝いた高校生ダンサーのSORAは、母親に巨大な板チョコを買ってもらったという思い出を紹介。毎年もらうチョコレートの数が減っていくことから「今年は去年より多く貰いたなー」と希望を語り、「自分は生チョコが好きですね!あとは苺にチョコを乗っけて冷やしたの 最近苺がさらに好きになったので、本当にあれはたまんないですね」とつづった。

プロサーファーの安井拓海は、「この時期はだいたいハワイの生きるか死ぬかの環境で毎日サーフィン漬けなのでバレンタインどころではなかったのかな」「だからバレンタインでこれといった思い出がない」とつづり、ハワイの大波でサーフィンをする写真を公開。「今年は日本にいるけど、誰かから貰えるのだろうか、、、」とつぶやき、「今回こそはいい思い出ができるといいな」と期待を寄せた。

お笑いコンビ・いなかのくるまで活躍中の木佐凌一朗は、過去に手作りチョコレートを囲んでいる女子たちの1人に「これ要る?」と聞かれたため「え!いいの?俺?」と聞き返したところ、「は?なにが?いいから窓閉めてや」と言われたという、恥ずかしい聞き間違いエピソードを紹介。続けて、ファンからもらったという猫の形をしたチョコレートや手作りクッキーの写真を公開し、「他にも現段階で沢山いただきました ありがたい限りです」とお礼を述べた。

ファッション誌『Popteen』メンズモデルのバンダリ亜砂也は、「バレンタインの全盛期はサッカー部で10番キャプテンもしていた中学生の時でした!」と当時の写真を公開。バレンタインの一番の思い出については、「中学の時に僕の家までチョコと手紙を持って来てくれた時ですね!めちゃくちゃ嬉しかったですけど、恥ずかしがってるのもバレなくないからクールぶってました。笑」とつづり、「僕はすごく二月にチョコが食べたくなります!!あ、誕生日も近いので、みんな待ってますね」とアピールして締めくくった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.