くらし情報『ギターを預けていた楽器店店主の逮捕に激怒「ほんと許されん犯罪」』

ギターを預けていた楽器店店主の逮捕に激怒「ほんと許されん犯罪」

2018年2月15日 14:00
 

ギターを預けていた楽器店店主の逮捕に激怒「ほんと許されん犯罪」


アメーバニュース

ミュージシャンでウクレレ大使もつとめるハンサム判治が14日、自身のアメブロを更新。楽器店店主が客から修理依頼を受けたビンテージギターを無断で質入れしたとして、逮捕された事件について言及した。

ハンサムは先月28日更新のブログで、「ワシが初めて音楽でちゃんとしたギャラを手にした証として無理して買ったJ-200」と大事なギターを写真で紹介。続けて「そんな大切な相棒であるGibson J-200が行方不明になっとる」「最近、SNSで話題になっとるBuddy Sound Worksの山本誠氏に預けたまま連絡つかず、、、」とギターの修理を依頼していたことを明かした。

修理の依頼をしたのはかなり前のようで「でも3年以上経っても戻ってこず、連絡もつかんくなるなんて、、、」とつづり、「預けた時はまだ店もあったし、普通に営業しとったもんで、騙すつもりだったとは思いたくない」とまさか騙されたとは思っていなかったよう。また、「絶対に帰って来て欲しい。山本さん、もしこのブログ読んでくれたらワシのJ-200を返してください。」と呼びかけていた。

そして今回の逮捕をうけ「バディー山本容疑者逮捕」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.