くらし情報『今年で35歳、ロリータファッション界のカリスマ青木美沙子の素顔「いつかは親子でロリータを」』

今年で35歳、ロリータファッション界のカリスマ青木美沙子の素顔「いつかは親子でロリータを」

2018年6月15日 13:33
 

今年で35歳、ロリータファッション界のカリスマ青木美沙子の素顔「いつかは親子でロリータを」


アメーバニュース

1990年代から、原宿を中心に若者たちを魅了した「ロリータファッション」。そんな日本独自のカルチャーを牽引し続ける一人の女性がいる。現役の看護師でありながら、ロリータモデルとして活動する青木美沙子だ。その人気は日本だけに留まらず、世界各国にファンを抱え、外務省公認の「ポップカルチャー発信使」(通称「カワイイ大使」)としても世界中を飛び回るロリータ界のカリスマである。高校生からロリータモデルを始めた彼女も今年で35歳だという。約17年もの間、ロリータを愛し、発信し続けてきた彼女に今のロリータを取り巻く状況を聞いてみた。

■正直、「ロリータ」を何度も辞めたいと思った

―「ロリータファッション」を始めたきっかけはなんだったのでしょうか?

17歳の時、原宿で『KERA』という雑誌に声をかけていただいたことがきっかけです。最初は小さなストリートスナップに掲載されて、その後読者モデルとして活動するようになりました。撮影でロリータファッションを着るようになったら、すごくときめいてしまったんです。ずっとロリータに憧れはあったのですが、高校生だったので金銭面的にもロリータブランドは買えなくて……。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.