桐谷美玲、鈴木伸之からの“ハグつけ”に「ドキドキしました」

2017年11月15日 16:08
 

関連リンク

・冬キャンプしてみない?グランピングで快適おしゃれな冬のレジャーを♪
・癒しの集合体!「まるっと小動物展」に世界一有名なハリネズミも登場
・どきキャン佐藤、異色トイレバンドで紅白狙う「経験者のキンモクセイもいますし…」


アメーバニュース

11月9日(木)、映画『リベンジgirlの』クランクアップを記念し、主演を務めた桐谷美玲をはじめ、鈴木伸之清原翔が登壇するクランクアップ会見がブルガリ銀座タワーにて実施された。

本作では、世界的人気の高級ジュエラー「ブルガリ」と、ブランド史上初となるこれまでにないコラボレーションが実現されており、ブルガリのコレクション「ビー・ゼロワン」の「パーフェクトミステイク」と名付けられたネックレスが劇中に登場。「パーフェクトミステイク」には“失敗には全て意味がある”という意味合いが込められており、リベンジを目指して奮闘する主人公・美輝が重要な場面で必ず身につけている、ストーリーに欠かせないキーアイテムになっている。

桐谷は、ピンクの可憐なドレスで登場すると、「自分にはないものを一生懸命出して演じました。宜しくお願い致します!」とコメント。鈴木は、黒のスーツ、清原はカジュアルな衣装で登場すると、鈴木は、「今日は、自分だけ黒のスーツでばっちりキメてきてしまったので、次の機会にはカジュアルめでリベンジしたいです(笑)」と話し、会場を沸かせた。

初共演について聞かれた桐谷は、「鈴木くんは、見た目は大人っぽいけど、お話すると、年相応の可愛らしいところありましたが、役について本当に真摯に向き合い、俊也のような頼れる存在でした」と鈴木への信頼感を話し、清原については、「お互い休みの日にインドア派という話をしていた中で、私が何をしたいか聞くと、“キャンプに行きたい!”と答えて、天然なんだなと思いました(笑)」と清原の新たな一面が伺えるエピソードを披露した。

鈴木は「清原くんとは同い年なので、“きよ”、”のぶ”と呼び合う中になり、一度ご飯にも行きました!」と嬉しそうに話し、3人で、中々スケジュールが合わず、撮影中 ご飯に行けなかったことに対し桐谷は、「初日を迎える前までに行けたら良いですね!」と話すなど、共演者同士の中の良さが伺えるエピソードも聞くことができた。

そして、本イベントの目玉でもある、劇中で宝石美輝が身に付けているネックレス“パーフェクトミステイク”を鈴木が桐谷に至近距離でハグつけ(=後ろからネックレスをつける)すると、マスコミ陣からも感嘆の声が。

桐谷は、「後ろから、つけてもらうことなんて、中々ないので、照れちゃいました。とてもドキドキしました。」と恥ずかしそうに話し、鈴木は、「すごく緊張しました、素敵な思い出になりました、嬉しかったです!」にこやかに語った。その様子を横で見ていた清原は、「見ているこっちが恥ずかしかった!」と話し、照れくさそうにしている3人の姿の姿に会場は和やかな雰囲気に包まれた。

最後に、映画を楽しみにしているファンに向けて桐谷は、「1人の女性が成長していく物語です。皆さんの背中を一歩押せるような作品になったらいいなと思います!是非よろしくお願い致します!」とコメントし、イベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

映画『リベンジgirl』は、12月23日(土)全国ロードショー。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.