くらし情報『蒼井そら、悩んでいた出産予定日「こだわりは無いんだけどどうせなら」』

2019年4月15日 18:27

蒼井そら、悩んでいた出産予定日「こだわりは無いんだけどどうせなら」

蒼井そら、悩んでいた出産予定日「こだわりは無いんだけどどうせなら」


アメーバニュース

双子を妊娠中の女優でタレントの蒼井そらが15日にアメブロを更新。出産予定日について悩んでいたことを明かした。

この日蒼井は「特に言って来なかったが私は月曜日に週数が変わる周期なのでいつも週明けが楽しみでした。そして今日、月曜日。なんと臨月になりました。信じられない。。。」と明かし「臨月って言っても臨月1週目は妊娠36週でまだこの期間に生まれた子は早産になってしまいます。正産期と言う期間は37週からなので臨月と言っても、目標はあと1週間!!」とつづった。

また「とりあえず、37週まであと1週間。そしたら、実際問題、妊婦マイナートラブルから解放されたいし、もういつでも出てきて欲しい。けど、ここまで入院もなく過ごせて来れたので38週まで行けば2人とも2,500gは超えてくれそうだし予定帝王切開日まではお腹で育って欲しいもんです。」と心境をつづった。

続けて「令和初日にこだわりは無いんだけどどうせならってことでの出産予定日。」と出産予定日が元号が変わる5月1日である理由を説明し「自分の週数がほんとに選べる期間内にあるから正直悩んだよね。一応来週月曜日に産んでも早産にならないし。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.