くらし情報『救急車で搬送のたかまつなな、退院を報告「健康や自分の将来と向き合う大切な時間でした」』

2019年6月16日 17:46

救急車で搬送のたかまつなな、退院を報告「健康や自分の将来と向き合う大切な時間でした」

救急車で搬送のたかまつなな、退院を報告「健康や自分の将来と向き合う大切な時間でした」


アメーバニュース

NHK職員でお笑い芸人のたかまつななが15日に更新した自身のアメブロで、退院したことを報告した。

たかまつは、6月7日のブログで腹痛と吐き気により救急車で運ばれ入院していることを明かし、翌日8日には無事に手術が終わったことを報告。手術の結果「盲腸でした」と病名を明かしていた。

この日は「おかげさまで、無事に退院いたしました。」と報告。「思ったより長引いてしまい各所にご迷惑をおかけしてしまいました。」と謝罪した。

また、「ネットニュースを見たら大病みたいになっていましたが盲腸が背中をまわる珍しいタイプで診断がつきにくかっただけです…。」と説明し車椅子に座る自身の写真を公開した。

続けて、まだ遠距離の移動が厳しいようで、歩行時に足を引きずったり、突如お腹が痛くなったりすると明かすも「お医者さんと相談しながら仕事を徐々に復帰していっています。」と報告。

また、「仕事を1週間しない日々は私にとって辛くて改めて仕事が大好きで、人前に立たせていただけること、伝えることにこんなに喜びを感じるのかと再認識しました」と心境を述べ「盲腸は、ストレスや過労とは全く関係ない」としつつも「自分の働き方を見つめ直すいい機会になりました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.