くらし情報『網膜剥離手術をした小林幸子、眼帯姿でしょこたんと脱穀「ご心配おかけしました」』

2019年10月15日 18:33

網膜剥離手術をした小林幸子、眼帯姿でしょこたんと脱穀「ご心配おかけしました」

網膜剥離手術をした小林幸子、眼帯姿でしょこたんと脱穀「ご心配おかけしました」


アメーバニュース

歌手の小林幸子が11日と14日に自身のアメブロを更新。新潟県長岡市の山古志地域に開設している田んぼ『小林幸子田』をタレントで歌手の中川翔子と訪れ、収穫された稲の脱穀作業を行ったことを報告した。

11日のブログで、小林は「9月24日に右目【網膜剥離】ため、緊急手術をいたしました」と報告。「まだ、多少の痛みや、手術による視力の問題、光の影響などはありますが、順調に治っており、今後のお仕事もキャンセルなく通常にやらせていただきます」と回復をアピールし、「現在、お仕事以外では眼帯をさせて頂いておりますが、こちらもまもなく外すことができます」「ご心配おかけしましたが、小林幸子元気です!!55周年後半も突っ走ります」と意気込みを語っていた。

続けて14日に公開したブログでは、「10月10日に毎年恒例の山古志にある小林幸子幸子田で、脱穀作業がありました」と報告。「今年で中越地震から15年!!今一緒に作業してくれている「山古志小学校」の子供たちは、中越地震を知りません。この作業をすることで、覚えて、思い出してくれると嬉しいなと思い、続けています」と心境をつづった。

小林は「ものすごくいいお天気での脱穀でした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.