くらし情報『紺野あさ美、“できる範囲”で取り組む大掃除「やらなきゃと思っていると腰が重い」』

2019年12月16日 12:19

紺野あさ美、“できる範囲”で取り組む大掃除「やらなきゃと思っていると腰が重い」

紺野あさ美、“できる範囲”で取り組む大掃除「やらなきゃと思っていると腰が重い」


アメーバニュース

元テレビ東京アナウンサーの紺野あさ美が14日に更新した自身のアメブロで、大掃除への取り組みについて明かした。

この日、紺野は「キレイになると気持ち良い、やらなきゃと思っていると腰が重い、そんな大掃除の季節が近づいてきました」と年末の大掃除について言及。紺野は昨年の12月に自身で洗面台やシンク、トイレなどにコーティングを施しており「個人的な感想までに、なんですけど」と前置きした上で、「洗面台・お風呂>シンク>トイレの順で効果を感じてるかなぁという感じです」と実感をつづった。

続けて洗面台と風呂について、「定期的な軽い掃除だけでもキレイになった感じがする」「コーティングの効果ありかなと感じてます」とつづる一方、「逆に我が家の場合実感として感じにくかったのはシンクとトイレ」と明かし、「それなりに汚れては掃除しての繰り返しなので今はそこまで実感はないですが2年、3年経った時、やっぱりやってないよりは良い状態が保ててるのかもしれません」と述べた。

最後は大掃除について、「やらなきゃやらなきゃって思うと憂鬱だから今年はできる範囲で大掃除!とゆるりとした気持ちで取り組んでいきたいと思います」と心境をつづりブログを締めくくった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.