くらし情報『サンド富澤「宮城の3大スケーター」に狩野英孝を挙げる 真相には触れず』

サンド富澤「宮城の3大スケーター」に狩野英孝を挙げる 真相には触れず

2018年2月18日 14:25
 

サンド富澤「宮城の3大スケーター」に狩野英孝を挙げる 真相には触れず


アメーバニュース

17日、平昌五輪男子フィギュアスケート羽生結弦が2大会連続の金メダルを獲得した。そんな羽生のことを宮城県出身のサンドウィッチマン富澤たけしが「宮城の3大スケーター」と17日に更新したアメブロで称賛した。

祝福の言葉をかけたうえで、「素人目に見てもその滑りはあきらかに他とは違う。もちろんスタイルもいいが、キレがあり美しい。綺麗、華麗、美麗。もう、天使かっ!!」「そしてチャンピオンとしての自覚、風格、コメント。あの若さで、あどけない表情で、体調も精神も完全にコントロールできているところに恐ろしさすら感じます」と23歳の羽生を称えた。

また、宇野昌磨は前日のショートプログラム(SP)では3位だったがフリーの滑りではSP2位だったハビエル・フェルナンデス(スペイン)を上回り銀メダルを獲得した。

富澤は「宇野昌磨くんもかなり凄かったが、世界の中で日本人が金、銀のメダルを取れたことは純粋に素晴らしいことです」と喜んでいる。

なお、冒頭で言及した「宮城の3大スケーター」とは、トリノ五輪女子フィギュアスケート金メダリストの荒川静香と羽生。ここまでは納得だが、富澤は「そして狩野英孝…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.