くらし情報『マキタスポーツ、『氣志團万博』での田原俊彦との“堪らない”やり取りを紹介「ここに一字一句の誤りもない」』

2019年9月16日 18:02

マキタスポーツ、『氣志團万博』での田原俊彦との“堪らない”やり取りを紹介「ここに一字一句の誤りもない」

マキタスポーツ、『氣志團万博』での田原俊彦との“堪らない”やり取りを紹介「ここに一字一句の誤りもない」


アメーバニュース

お笑い芸人・ミュージシャンのマキタスポーツが16日に自身のアメブロを更新。14日と15日に、千葉・袖ケ浦海浜公園で開催されたロックフェス『氣志團万博2019』で開会宣言をしたことを報告した。

この日マキタは「今日までいろいろあったのだろう、もちろん復旧はまだまだだし、氣志團の皆も思うところは山ほどあるはず。でも、「やる。」と決めたその心意気をこちらは受け止める」と、開会宣言の大役を果たしたことを報告した。

『トリセツおじさん』『いとしのエリーに乾杯』の2曲を披露したマキタは、「ミッションを終え、出演者の方々と交流」と、ロックバンド・GLAYのTAKURO、TERU夫妻、ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバー鬼龍院翔らと交流したことを明かし、「その後「新しい地図」の面々とも会う」「慎吾さんと「笑っていいとも」に出演した時のことを話した。覚えていてくれてありがとう」と述べ、俳優の稲垣吾郎草なぎ剛香取慎吾による『新しい地図』の3人を含めた集合ショットを公開した。

また、同じ山梨県の出身である歌手の田原俊彦との出会いは「堪らないものがあった」そうで、「山梨出身です。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.