くらし情報『鈴木亮平、父親から聞いた衝撃の事実「不思議な縁を感じました」』

鈴木亮平、父親から聞いた衝撃の事実「不思議な縁を感じました」

2018年2月19日 17:11
 

鈴木亮平、父親から聞いた衝撃の事実「不思議な縁を感じました」


アメーバニュース

俳優の鈴木亮平が19日、自身のアメブロを更新。NHK大河ドラマ『西郷どん』で女優・橋本愛が演じる妻・須賀の役名と自身の家族に“縁”があったことを報告した。

「第7話「背中の母」いかがでしたでしょうか?」と呼びかけた鈴木。「ほんの一年の間に三人もの家族を次々と亡くしてしまったことは、史実ではありますが、あまりにも悲しい」と心情をつづり、自身が演じる西郷隆盛の父・西郷吉兵衛役の風間杜夫と、母・満佐役の松坂慶子との3ショットを公開した。

続けて「ただ、母上と別れた海辺でのあのシーンでは、僕は身を切られるほど悲しいながらも、同時にとても幸せな感覚になったことを覚えています」と懐かしみ、「背中の母」「この両親が居て、この大家族があり、たくさんの愛情を受けて育ったからこそ、後に「大西郷」と呼ばれるような人物が育まれたのかなと、今となっては思います」と自身の思いを語り、松坂との笑顔の2ショットを公開した。

鈴木は「そして!吉之助がとうとう祝言をあげました!お相手は、橋本愛ちゃん演じる須賀さん」と放送を振り返り「そういえば昨日父親と連絡を取っていたら」と思い出したように「亮平のひいおばあちゃんも、スガさんって名前やでと衝撃の事実が」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.