くらし情報『だいたひかる、喧嘩をしてでも夫にしてほしいこと「身をもって知っているので」』

2019年12月17日 18:25

だいたひかる、喧嘩をしてでも夫にしてほしいこと「身をもって知っているので」

だいたひかる、喧嘩をしてでも夫にしてほしいこと「身をもって知っているので」


アメーバニュース

お笑いタレントのだいたひかるが16日、自身のアメブロを更新。喧嘩してでも夫に検査をして欲しいという気持ちを明かした。

だいたは2016年に乳がんで右乳房の全摘手術を受け、今年3月に乳がんの再発を公表。5月16日には放射線治療を終えたことを報告している。

この日は「今日は夫の大腸のキットを病院へ、渡しに行ってきました」と報告。「去年は私が口うるさく説得して、一日がかりで人間ドックをした夫ですが…忙しくて今年は何も検査していなかったので」と、夫の受診状況の実態について言及。

「せめて私が動けば受けれる検査をと思い、大腸は診てもらえていますが…他の検査は…いただいた受診券の6個のうち1個しか、出来ていません…」と心配そうな様子を見せ、「働き盛りの人が唾液や尿だけで、簡単に受診できるシステムが整う事を願います」とつづった。

そんなだいたは、うるさく言い過ぎてたまに喧嘩にもなることも明かしながら、「早く見つければ命を落とさない事を、身をもって知っているので…喧嘩してでも検査をして欲しいものです」と力強くつづった。

この投稿に対し、読者からは「わかります」「未病のうちに対処できる未来が来るといいですよね」「健康は損なったときに初めてその有り難みに気付くものですよね」などの声が寄せられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.