くらし情報『大渕愛子弁護士、自分不在の順調な家族旅行に「ちょっと複雑…」』

2018年8月21日 17:32

大渕愛子弁護士、自分不在の順調な家族旅行に「ちょっと複雑…」

大渕愛子弁護士、自分不在の順調な家族旅行に「ちょっと複雑…」


アメーバニュース

弁護士の大渕愛子氏が、19日に更新したアメブロで、母親としての“複雑な心境”をつづった。

この日、家族4人で富士サファリパークに出かける予定だったが、大渕氏は体調があまり優れずに留守番をすることに。しかし息子たちはまだ3歳と1歳ということで、心配でたまらなかった様子。

「帰り、渋滞に巻き込まれないように、早めに出るとのことですが、多少は渋滞があると思うので、昂生が大泣きしちゃうのでは…と心配しています」と、特に次男がぐずってしまうのをかなり心配していた模様。

しかし、翌日に更新されたブログでは、「無事に子供たちが帰ってきて、彦さんに「渋滞どうだった昂生泣かなかった」と聞いたら、「ちょっと渋滞あったけど、全然泣かないよ。少し愚図ったときもお菓子で大丈夫だった」とのこと」と、次男は全然泣かず、平穏な旅行だった様子。

さらには、「愛子がいないと泣かないんだよ、愛子が見えていると抱っこしてって泣くんだよ」と、大渕氏がいるほうが甘えて泣くことを指摘され、これには大渕氏も「なんだか、私がいるときより、スムーズな旅だったようです私がいないとダメかな…と心配していたのに、寧ろ私がいない方が順調とはちょっと複雑…それに、的外れな心配でしたね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.