くらし情報『高橋名人、eスポーツのおかれた現状を語る「ぜひ将来の事も考えて頂きたい」』

高橋名人、eスポーツのおかれた現状を語る「ぜひ将来の事も考えて頂きたい」

2018年2月21日 14:01
 

関連リンク

・映画『HURRY GO ROUND』 生駒里奈が“hide愛”熱弁「泣いちゃいました」
・西城秀樹の追悼企画「なんで坂上忍なんだ!」とファン激怒
・『スタートレック』のジョージ・タケイ、セクハラ告発されるも“冤罪”の可能性
高橋名人、eスポーツのおかれた現状を語る「ぜひ将来の事も考えて頂きたい」


アメーバニュース

プロゲーマーの高橋名人が21日、自身のアメブロを更新。「eスポーツ」の現状について言及した。

昨日、AbemaTVのニュース番組『AbemaPrime』出演した高橋。番組の「トークテーマは、eスポーツでして、黒川文雄さんとご一緒させて頂きました」と報告し、「私としては、今のこの時期に、eスポーツの話題が取り上げられる事に関しては、非常に喜ばしいと思っています」とつづった。

高橋は「話題になってくれればくれるほどに、eスポーツという言葉が広がってくれますからね」と持論を展開し、「今までゲーマーとして、活動をしてきた方には、プロライセンス発行という事が、本当に必要なのかどうかが疑問視されていますが、私としては、ぜひ将来の事も考えて頂きたいところです」と言及した。

続けて「単純にそのスポーツを楽しむのであれば、アマチュアでも大丈夫なのですが、そのスポーツでお金を稼ぎ、生活をしていこうと思った場合には、そういう活動をしなければいけません」とプロライセンス発行の重要性をつづり、「そして、少なくとも2024年のオリンピックで、競技として選ばれる可能性が出てきた以上は、その競技に日本人選手を送り出す為にも、連合を皆で支え、また、選手の育成などにも力を入れていくべきだと思います」と興奮気味に訴えた。

ブログの最後には「皆さんは、自分の立場で発言していると思うのですが、出来れば将来の日本の状況や子供達の為にも、少しずつ改善していく様にしていきましょう」と呼びかけている。

「eスポーツ」とは、エレクトロニック・スポーツの略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲーム対戦をスポーツ競技として捉える際の名称である。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.