くらし情報『浅見姫香『ラジエーションハウス』セットの裏話を紹介「リアルな空間です」』

2019年5月21日 15:51

浅見姫香『ラジエーションハウス』セットの裏話を紹介「リアルな空間です」

浅見姫香『ラジエーションハウス』セットの裏話を紹介「リアルな空間です」


アメーバニュース

女優の浅見姫香が20日に自身のアメブロを更新。出演している月9ドラマ『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)のセットを紹介した。

同ドラマは、俳優・窪田正孝演じる診療放射線技師・五十嵐唯織が、女優・本田翼演じるヒロインの甘春杏が放射線科医として勤務する甘春総合病院に勤務し、放射線技師としての知識や技術を駆使して様々な病気を発見していくというストーリー。浅見は甘春総合病院の看護師南里美役を演じている。

浅見はこの日、「このセットはエレベーターの裏側」とセットの写真を公開。「大道具さんは約5日間でラジエーションハウスのセットを作ったそうです!」と説明し、「驚き..」とコメント。「技師と看護師が患者さんを運んでくるシーンにMRIやCTが写っていますが、全て本物の機材で機材を先に入れてからセットを作ったそうですよ!」と裏話を明かした。

続けて衣装姿のまま「使用中」と点滅しているサインを指差し、「ここも もちろんセット」「リアルな空間です」と感想を述べた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.