くらし情報『次長課長・河本、25年前の日払いバイト時代の思い出「当時そのお金はかなり大事で」』

2020年2月20日 17:03

次長課長・河本、25年前の日払いバイト時代の思い出「当時そのお金はかなり大事で」

次長課長・河本、25年前の日払いバイト時代の思い出「当時そのお金はかなり大事で」


アメーバニュース

お笑いコンビ・次長課長の河本準一が18日に更新した自身のアメブロで、大阪での日払いバイト時代の思い出をつづった。

この日、河本は「これは、25年も前の話」「今は作家をやってる通称モロと2人で日払いの土木作業のバイトをしてる頃の話」と当時のエピソードを紹介。当時、同居していた2人は「その日も朝の5時半に会社に集まって色々な場所に振り分けられ」「僕とモロは違う現場へ」と説明した。

河本の現場は「遺跡発掘調査の跡を崩れないようにするために周りに土嚢袋を積んでいく」もので、30度超えの炎天下のなか、朝の8時から夕方の5時までただひたすら土嚢袋を積んだという。作業後には会社に戻り日払いの給料「10500円」を受け取ったといい、「当時そのお金はかなり大事で仕事もらえない日もあるから大事に大事にしなくては行けなかった…」と明かした。

しかし、河本は帰り際のパチンコ屋で「これで、もっと増えれば…」「500円だけ…500円だけ勝負しよ」と甘い誘惑に負け、手にした金で勝負に出たことを説明。しかし「玉がどこにも入らず」と残念な結果となった様子。

河本は後ろ髪を引かれながら席を立つも「どうしても今度はコインのスロットの方が気になって気になって仕方なくなりちょいとだけ見てから帰ろうと思いそちらの席に移動した」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.