くらし情報『川村りか、1回目の抗がん剤治療「7時間半という長丁場」』

川村りか、1回目の抗がん剤治療「7時間半という長丁場」

2018年5月24日 14:02
 

川村りか、1回目の抗がん剤治療「7時間半という長丁場」


アメーバニュース

アイドルグループ・恵比寿マスカッツの元メンバーでタレントの川村りかが23日に更新した自身のアメブロで、1回目の抗がん剤治療を受けたことを報告した。

川村は「いよいよ始まりました」と治療の開始を報告。「抗がん剤の点滴の時には他にも色んなお薬(点滴)を時間かけて入れていくみたいです」と説明し、「7時間半という長丁場」と、当日のスケジュールを列記した。

続けて治療後の写真を公開するも「本人は点滴をしてるのをジッと待っているだけなのでなんも頑張らなくて大丈夫(笑)」と気丈な様子をみせ、「抗がん剤もどうなるかと思いましたが、とりあえず今日は大丈夫でした」と安堵の気持ちをつづった。

今回は抗がん剤として「シスプラチン」というプラチナ製剤が投与されたといい、「あら 私宝石になっちゃう」と冗談めかしてつづるも、「このまま何もないままお願いします」と祈るように締めくくった。

この投稿に「長時間お疲れさまでした。副作用は人それぞれと聞きます。どうか、軽く済みますように」「未知なる治療で不安でしょうが、治療頑張って下さいね」「焦らず信じて頑張って行きましょう」など応援のコメントが寄せられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.