くらし情報『市川海老蔵、内閣総理大臣夫妻主催晩さん会にて文化行事への出演報告に「誇りに思います」「おめでとう」の声』

2019年5月22日 18:14

市川海老蔵、内閣総理大臣夫妻主催晩さん会にて文化行事への出演報告に「誇りに思います」「おめでとう」の声

市川海老蔵、内閣総理大臣夫妻主催晩さん会にて文化行事への出演報告に「誇りに思います」「おめでとう」の声


アメーバニュース

歌舞伎俳優の市川海老蔵が21日に自身のアメブロを更新。天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位に伴い、即位礼正殿の儀に際して来日する外国からの賓客を接遇するため、10月23日に行われる内閣総理大臣夫妻主催晩さん会における文化行事に出演することを報告した。

海老蔵はこの日、「内閣総理大臣夫妻主催晩餐会にて、日本の伝統文化を天皇陛下ならびに皇后雅子さま、外国からの賓客にご披露する大役を仰せつかり、大変嬉しく思うとともに、身の引き締まる思いでございます。」と喜びのコメント。

文化行事においては、狂言師で俳優の野村萬斎、文楽人形遣い・吉田玉男と、『三番叟(さんばそう)』で共演。「時代を超えて共存する日本の伝統文化を同一演目で表現するこの機会に胸が高鳴る思いでございます。」とつづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「とてもとても嬉しくてたまりません」「素晴らしいお役目に、私まで胸が高まる思いです。」「おめでとうございます!!」「ニュースで知って、ビックリすると同時にとても嬉しくなりました!」「ファンとして、誇りに思います」など、喜びの声が多数寄せられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.