くらし情報『高橋真麻、“泣くしかない”と思った出来事「残念でしたね」「悲しい」の声』

2021年6月19日 12:59

高橋真麻、“泣くしかない”と思った出来事「残念でしたね」「悲しい」の声

高橋真麻、“泣くしかない”と思った出来事「残念でしたね」「悲しい」の声


アメーバニュース

フリーアナウンサーの高橋真麻が18日に自身のアメブロを更新。“泣くしかない”と思ったエピソードをつづった。

この日、高橋は「泣くしかない」というタイトルでブログを更新し、ふるさと納税の返礼品として「河豚のてっさ」が届いたことを報告。「大事過ぎて楽しみ過ぎてスペシャルな日に食べよう」と楽しみにしていたことを明かした。

しかし「冷凍庫にずっと寝かせていたら霜焼けしてしまっていたカピカピ」と残念そうにコメント。最後に霜焼けになったてっさの写真を公開し、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「残念でしたね」「それは悲しい美味しそうなのに!」「雑炊にしてしまったら、どうでしょう!?」などのコメントが寄せられている。

(著者:Ameba編集部)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.