くらし情報『ギャル曽根、2歳の娘に“大食い”が遺伝 大量の白米をもりもり食べる姿公開』

ギャル曽根、2歳の娘に“大食い”が遺伝 大量の白米をもりもり食べる姿公開

2018年3月25日 13:49
 

関連リンク

・大渕愛子弁護士が第3子妊娠 夫・金山一彦も喜び「ワクワク、ドキドキです」
・ガダルカナル・タカ「新オフィス北野」圧倒的人不足に不安を吐露
・“福岡一かわいい”女子がドラマ「花のち晴れ」で“小悪魔”に挑戦


アメーバニュース

大食いタレントのギャル曽根が、24日に公開したアメブロにて、娘のお弁当の写真を公開した。ギャル曽根は、2011年7月に、9歳年上のテレビディレクターと結婚し、現在は5歳の息子と2歳の娘の母である。

『元祖!大食い王決定戦 新爆食女王誕生戦』(テレビ東京)での優勝や、数々の大食い企画での起用などの実績を持つ親の食べっぷりは子供たちにも継承されているのか?ギャル曽根は昨年12月4日に出演した『スッキリ』(日本テレビ)で1歳10ヶ月の娘が一度に小さいおにぎりを約50個食べ、息子は普通のおにぎりを5個食べることを告白していた。子供たちの食欲に対してギャル曽根は、「食費がすごい心配」とコメントしていた。

今回公開された娘のお弁当も、おかずとは別でタッパーにたっぷり白米が詰められており、2歳の女の子が食べるとは思えぬ量である。「現場でもりもり食べる娘」とギャル曽根は食べる様子を写真で紹介。当の本人は、スタイリストに折り紙で時計を作ってもらい、ノリノリでお弁当を食べていたとのことだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.