くらし情報『脊髄損傷しリハビリ中の滝川英治が病床で39歳の誕生日 口で書いた「感謝」の書を公開』

脊髄損傷しリハビリ中の滝川英治が病床で39歳の誕生日 口で書いた「感謝」の書を公開

2018年3月25日 14:09
 

脊髄損傷しリハビリ中の滝川英治が病床で39歳の誕生日 口で書いた「感謝」の書を公開


アメーバニュース

滝川クリステルのいとこで俳優の滝川英治が、39歳の誕生日を迎えたことを24日に更新したアメブロで明かした。2017年9月、滝川は出演したドラマ『弱虫ペダルSeason2』(BSスカパー!)の撮影中にロードバイクで転倒し全身を強打、脊髄損傷で生死をさまよう大怪我を負った。

後遺症に苦しみながらもリハビリを重ね、全身麻痺の状態から少しずつ感覚を取り戻しつつある。手の指は多少動かせるようになったものの、まだ文章を打てる段階ではないため、日頃のブログは音声機能を使って口で書いているとのことだ。

39(サンキュー)歳の年ということで、「感謝」の文字をマジックペンを口に咥えて書き、「自分は今 たくさんの方に支えられ愛され 生きていることを実感してます ある人に『自分を大切にできない人は 人を大切にできないよ』 と言われたことがあって まずはこの一年 最大限に自分の体を労り “生“への感謝 そして“生“への執着心 その上で人に感謝の気持ちを」と、色々なことに感謝して過ごす一年にしていきたいとつづった。

また、この日のアメーバ占いで1位になり、長年願ってきたことが叶い、みんなと一緒に幸せになれる日だという結果であったことも報告し、ブログを締めくくった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.