くらし情報『GACKT、日本滞在中に仲間が死去「彼には悪い癖があった」』

GACKT、日本滞在中に仲間が死去「彼には悪い癖があった」

2018年3月25日 15:03
 

GACKT、日本滞在中に仲間が死去「彼には悪い癖があった」


アメーバニュース

シンガーソングライターのGACKTが24日、仲間が死去したことを自身のアメブロで明かし、自らの死生観についてつづった。

バンドメンバーの誕生日ライブに出演するため、3月に一時帰国したというGACKT。サプライズでの登場に「ステージ上で喜ぶ半泣きのメンバーの顔を見れて本当によかった」と、満足した様子でつづった。

しかし続けて、「この日本の滞在中に仲間の一人が亡くなった」と報告。死因について「彼には悪い癖があった」とつづり、当人の暴飲暴食について幾度も忠告していたことを明かした。「もちろん各々の人生だ。自分の価値観を誰かに押し付けるのは余計なお世話なのだろう」と述べるも、仲間だったからこそいろいろな言葉をかけたといい、突然の訃報に「なんとも言えない気持ちだ」と正直な気持ちを吐露した。

GACKTは「終わりは突然訪れる。それは誰しもが持っている業であり、大切な人を失うことは必ず何度も経験することだ」と述べ、大切な誰かを失って考えるべきは「自らの最期の瞬間をどうありたいかという姿勢」であり、「そこにたどり着くまでにどうやって生きるべきなのか」を考え、そのために行動することが大事だという持論を展開。「【姿勢】とはいわば【覚悟】、日々の積み重なるもの」であり、「人生には確固たる【覚悟】と【姿勢】が必要である」と述べた。

GACKTは「こんな風に考えられるようになったのはボクが歳を取ったからか…」と自問するも、「もしそうであれば、歳を重ねることも意外と悪くはない。これが世の中で俗にいう落ち着くというやつなのだろうか…。アグレッシブなボクにはちょうどいいのかもしれない」とつづった。

この投稿に「このブログGACKTさんの想いが沢山詰め込まれていて...感動しました!」「生きているということをしっかり見つめることがGACKTさんの姿勢・覚悟の基となっているのですね」「しっかりと見据えているガクトさんに共感します」などのコメントが多数寄せられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.