くらし情報『小柳ルミ子、セネガル戦での日本代表を称賛「悔しいけど 良くドローに持ち込んだ」』

2018年6月25日 13:35

小柳ルミ子、セネガル戦での日本代表を称賛「悔しいけど 良くドローに持ち込んだ」

小柳ルミ子、セネガル戦での日本代表を称賛「悔しいけど 良くドローに持ち込んだ」


アメーバニュース

歌手の小柳ルミ子が25日にアメブロを更新。日本代表が現地時間の6月24日、サッカー・ワールドカップロシア大会のグループH第2節でセネガル代表と対戦し、2対2で引き分けたことに対し考えを述べた。

小柳はブログで「日本代表 良く頑張った」「勝てなかったのは悔しいけど 良くドローに持ち込んだ」と称賛。小柳は原口元気選手が自身のプレーについて反省の弁を述べたことを引用し、「これが大事なんだ!! 自分のミスをちゃんと反省し次はしない様に改善する!!」「チームプレーとは 組織とは 社会とは そう言う事だ!!」と絶賛。

小柳は乾貴士選手や柴崎岳選手、昌子源選手などのプレーについても自身の目線で紹介。「3度程あった決定的なチャンスを 活かし切れなかった悔しさは残るけど 同点に追いつく粘り強さに 日本代表の成長を感じた」とつづり、「日本代表 やれば出来るんだよー」「頼もしく感じたよー」とコメントした。

細かい課題はまだあるとするも、「運命を決めるポーランド戦 自信を持ってニュートラルな気持ちで 謙虚さを忘れず 全員が献身的に 闘って欲しい」「必ず勝とう!!」と期待を述べ、「皆の輝く姿を観にロシアに行くよー!!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.