くらし情報『ニッチェ江上、高知で「ミレービスケット」食べ過ぎる「悪魔的美味さ」』

2018年3月26日 13:52

ニッチェ江上、高知で「ミレービスケット」食べ過ぎる「悪魔的美味さ」

ニッチェ江上、高知で「ミレービスケット」食べ過ぎる「悪魔的美味さ」


アメーバニュース

お笑いコンビ・ニッチェ江上敬子が3月25日自身のアメブロを更新し、「悪魔的美味しさで止まらない!」というタイトルで、高知県産の「ミレービスケット」を紹介した。

この日、高知で仕事だったという江上。「高知県には美味しいものが沢山ありますが、私がいつも食べ過ぎてしまうのは、このビスケット!!!」というと、大量の「ミレービスケット」の写真を公開。「これ。。悪魔的美味さ。。一枚食べたら、もう二度と手が止まらないビスケットなんです バターの香りと、周りに付いている塩の塩梅が最高で」とやみつきっぷりを明かした。

続けて、「一口食べると。。もう終わり」と泣き笑いの顔文字を添えたコメントとともに、ビスケットをくわえた自撮りを公開すると、「食べ過ぎてしまって、楽屋の中で踏み台昇降運動しました 」と、平野ノラサンシャイン池崎の3人で運動している写真も披露。

大正12年創業・野村煎豆加工店の「ミレービスケット」は昭和30年頃から製造されており、高知県銘菓として知られる。十円玉ほどの大きさのビスケットを揚げたもので、ほんのり甘く、絶妙な塩加減は食べだしたら止まらなくなるとして人気。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.