くらし情報『ダイアモンド☆ユカイ、過去に受けていたレーシック「中学二年生の時に近眼になってからずっと眼鏡」』

2020年1月27日 15:20

ダイアモンド☆ユカイ、過去に受けていたレーシック「中学二年生の時に近眼になってからずっと眼鏡」

ダイアモンド☆ユカイ、過去に受けていたレーシック「中学二年生の時に近眼になってからずっと眼鏡」


アメーバニュース

ロックシンガーのダイアモンド☆ユカイが25日に更新した自身のアメブロで、過去にレーシック手術を受けていた事を明かした。

この日、ユカイは「中学二年生の時に近眼になってからずっと眼鏡をかけていた」と振り返り、メガネ姿の写真を公開。「その後、コンタクトになったけど職業は、ロックンローラー……カッコつけて外ではサングラス、普段は度付きサングラスを掛けていた」と明かした。

続けて「約10年前にレーシック手術をした」といい「これで近眼とも度付きサングラスともオサラバ!!」なんて言ってサングラスも掛けなくなった」と説明。しかし、目の疲れを覚えたことから眼科を訪れたところ、医師から「貴方の眼は色素が薄いから日光のあたる場所ではかならずサングラスかUVカットの眼鏡を掛けて下さい」と言われたという。

ユカイは「カッコつけて掛けてたサングラスを自分の身体の為に掛けるようになるなんてね!!」と述べ、「アンビリーバボー」とコメントしブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「眼鏡姿のユカイくん、素敵です」「似合ってますよ」「たった1つのアイテムでがらりと印象が変わって不思議ですね」などの声が寄せられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.