くらし情報『仁香、“想像を絶する苦しさ”だった出産「2万件に1件位のケースらしい」』

2020年1月27日 17:53

仁香、“想像を絶する苦しさ”だった出産「2万件に1件位のケースらしい」

仁香、“想像を絶する苦しさ”だった出産「2万件に1件位のケースらしい」


アメーバニュース

モデルの仁香が27日に自身のアメブロを更新。大変だったという息子の出産を振り返った。

仁香は24日に更新したブログで「お誕生日おめでとう」と息子を祝福。幼い頃の息子との2ショットを公開し、「24時間かかった出産から12年。立派な少年になりました」とつづっていた。

この日は「息子の出産時、大変だった事はメディアでお話しさせてもらった事はありましたが、あまり詳しく話した事はなかったです。実はすごく大変な出産でした」と告白。息子の出産時に自然分娩を選択したものの「想像を絶する苦しさ」だったといい、「出産すると、自然と胎盤が出てきて気持ち良いよ。と母から聞いていたのに、私の胎盤は引っ張っても引っ張っても出てこなくて」「痛い苦しみが20時間続いた後だったので、もうやめて欲しくて叫んだと共に私は麻酔を投与され4時間手術したんです」と明かした。

仁香はその際に「子宮内反症」になっていたといい、「2万件に1件位のケースらしいのですが、胎盤を引っ張ってるうちに子宮がひっくり返ってしまって外に出てきちゃうんです。靴下が裏側になるみたいなイメージ」と説明。そのため、大量出血したといい、「場合によってはそのまま子宮を摘出するらしいのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.