くらし情報『ハリセンボン春菜&はるかとのキスシーンを回想「数え切れないくらいチューした」』

2018年3月28日 17:11

ハリセンボン春菜&はるかとのキスシーンを回想「数え切れないくらいチューした」

ハリセンボン春菜&はるかとのキスシーンを回想「数え切れないくらいチューした」


アメーバニュース

俳優の波岡一喜が28日、自身のアメブロを更新。お笑いコンビ・ハリセンボンとのキスシーンの思い出をつづった。

波岡は「先日、鎧武以来仲良しの久保田からLINEが」とテレビ朝日系で放送されていた『仮面ライダー鎧武/ガイム』で共演した、俳優の久保田悠来から送られてきたというテレビ画面に写る近藤の写真を公開。『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演していた近藤が、06年放送のドラマ『ライオン丸G』(テレビ東京系)について話しているシーンだったという。

同ドラマに主演していた波岡は「俺も初のキスシーンで、ハリセンボンの2人も初めてのキスシーン」だったと振り返った。続けて「台本には春菜とキスだけやったのに、現場で大根監督がはるかともしちゃおう的な感じで2人とやることに。はるかがキスの後のセリフを間違えまくって、数え切れないくらいチューした楽しい思い出(笑)」と大根仁監督の無茶ぶりで、相方の箕輪はるかともキスする羽目になったことを告白。「久保田から送られてきた写真を見て、しゃべくりを改めて見て、懐かしいなぁなんて笑いながら思い出してました」としみじみ振り返った。

「その翌日。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.