くらし情報『だいたひかる、抗がん剤治療中にハマっていた物「これからの時期に今でも使っています」』

2020年3月25日 12:15

だいたひかる、抗がん剤治療中にハマっていた物「これからの時期に今でも使っています」

だいたひかる、抗がん剤治療中にハマっていた物「これからの時期に今でも使っています」


アメーバニュース

お笑いタレントのだいたひかるが24日に更新した自身のアメブロで、抗がん剤の治療中にハマっていた物を紹介した。

だいたは2016年に乳がんで右乳房の全摘手術を受け、昨年3月に乳がんの再発を公表。同年5月16日には放射線治療を終えたことを報告している。

この日は、抗がん剤治療中のことを振り返り「抗がん剤を2種類やった」「1つはダルいのと吐く程ではない吐気で」と明かし、もう1つは「身体が痛かった」と説明。

しかし、お風呂に入ることで軽減されたそうで「お風呂グッズにハマっていた」「お風呂でサッパリするのが最高に気持ちよかった」とコメント。特に「そのサッパリに拍車を掛けてくれたのが、シーブリーズのボディーソープ」だったといい、「抗がん剤以降も、味をしめて…これからの時期に今でも使っています」と写真を公開し、ブログを締めくくった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.