くらし情報『野田聖子氏、手強い息子の病気「あせらずに、と自分に言い聞かせてます」』

2021年7月26日 14:12

野田聖子氏、手強い息子の病気「あせらずに、と自分に言い聞かせてます」

野田聖子氏、手強い息子の病気「あせらずに、と自分に言い聞かせてます」


アメーバニュース

衆議院議員の野田聖子氏が25日に自身のアメブロを更新。10歳の息子・真輝くんの病状を報告した。

この日、野田氏は「ムスコさん、終業式の前日、検査」と述べ、真輝くんが終業式の前日に「気管支ファイバー検査」を受けたことを報告。「気管切開卒業できたらいいな」と期待を抱いていたことを明かすも「残念ながら、先送り」と結果を説明した。

続けて「気管軟化症、手強い」と真輝くんの病気について述べ「あせらずに、と自分に言い聞かせてます」と心境を吐露。「オリンピックの選手の活躍みていると、彼らはとてつもなく努力をし続けて、さまざま、犠牲にし、あきらめてきたんだろうな。そんな背景が、勝ち負けなく、涙となり…」と『東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会』についてコメントし「ムスコさんは、スケボーの凄いテクみてやっベーって言った」と明かした。

また、真輝くんは夏休み中だといい「鉄母には鍛錬の日々」「初日はやる気をみせた、宿題…今は、えんぴつすら、もたない」と報告。最後に、病院に足を運んだ際の真輝くんの写真を公開し「久しぶりの病院。とても落ち着いていることが、ある意味で、不憫かな」と述べつつ「ま、人生、歩んでいきましょ!」とつづった。

(著者:Ameba編集部)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.