くらし情報『はなわ、映画『翔んで埼玉』の反響に歓喜「怒られるのではないかとめちゃくちゃ不安だった」』

2019年2月27日 14:53

はなわ、映画『翔んで埼玉』の反響に歓喜「怒られるのではないかとめちゃくちゃ不安だった」

はなわ、映画『翔んで埼玉』の反響に歓喜「怒られるのではないかとめちゃくちゃ不安だった」


アメーバニュース

お笑い芸人はなわが26日に更新した自身のアメブロで、現在公開中の映画『翔んで埼玉』の反響をつづった。

同映画は漫画家・魔夜峰央氏が1982年に描いたギャグ漫画『翔んで埼玉』の実写版。埼玉県民が東京都民から迫害され、身を潜めて生きる世界を描く。また、主題歌『埼玉県のうた』は、03年にはなわが発売したアルバム『HANAWA ROCK』に収録された楽曲で、本作の為に新たに再収録が行われた。

この日、「映画「翔んで埼玉」が、3日間で興行収入3.3億円を突破し、週末興行ランキングでも1位を獲得したとの報告を受けました」と喜びのコメントで切り出し、「埼玉県民から怒られるのではないかとめちゃくちゃ不安だったので、順調過ぎるスタートが切れた事、本当に嬉しく思います!」とつづった。

続けて、「僕が歌う主題歌「埼玉県のうた」も各方面からたくさんの反響を頂いております。」と明かし、「配信のランキングがまさかの急上昇しているらしいのです」と述べ「本当にありがとうございます」と感謝をつづった。

また、この反響について「なんとなく自分で感じているのは、2003年にヒットした「佐賀県」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.