くらし情報『デヴィ夫人、夏休みを利用して訪れた場所「懐かしい名前の快速に乗って」』

2019年8月27日 18:14

デヴィ夫人、夏休みを利用して訪れた場所「懐かしい名前の快速に乗って」

デヴィ夫人、夏休みを利用して訪れた場所「懐かしい名前の快速に乗って」


アメーバニュース

タレントのデヴィ夫人が27日に更新した自身のアメブロで茨城県・水戸を訪れたことを報告した。

この日、デヴィ夫人は「夏のおわり、束の間の休日を利用し、茨城県 “水戸”へ、少し遅い夏休みの旅に行って参りました」と報告し、車内での写真を報告。「生まれて初めての “水戸”訪問です」と明かし、「常磐線という懐かしい名前の快速に乗って“水戸”まで行きました」と説明した。

デヴィ夫人は「戦争中私達の疎開先は福島県の「浪江」でしたので、常磐線に乗って 行きました」と回想。「子供の頃の夏休みは いつも 「浪江」 でした」と振り返り、「とても懐かしい 思い出です」とコメントした。

茨城県・水戸駅では高橋靖水戸市長が出迎えてくれたといい、「まずは 「弘道館」をご一緒に見学」と高橋市長との2ショットを公開。同館について「四季折々の 美しい花や樹木と出会えます」「正庁・至善堂は 昭和39年 国の重要文化財に指定されています」と説明した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.