くらし情報『ダイアモンド☆ユカイ、高齢者の運転について自身の母の経験語る「まだ大丈夫だ!」と大喧嘩』

2019年4月26日 19:04

ダイアモンド☆ユカイ、高齢者の運転について自身の母の経験語る「まだ大丈夫だ!」と大喧嘩

ダイアモンド☆ユカイ、高齢者の運転について自身の母の経験語る「まだ大丈夫だ!」と大喧嘩


アメーバニュース

ロックシンガーのダイアモンド☆ユカイが25日に更新した自身のアメブロで、高齢者の車の運転について、自身の母親のエピソードを交えて持論をつづった。

高齢者による交通事故多発のニュースを受け、ユカイは「高齢者の免許返納について、俺も過去に同じ事で悩んでいた時期があった。人ごととは思えないくらいの切ない痛みを感じている。」と切り出した。

ユカイによれば、自身の母親は80歳を過ぎても「一人暮らしで車の運転をバリバリにしていた」そうだが、ある日一緒に車に乗っていると、ユカイは母親の判断が昔より遅くなったことに気がついたのだという。しかしユカイが考えを聞いても、母親は「まだ大丈夫だよ!」の一点張り。ユカイは、「全く話を聞いてくれなかった。その後、同じ話題になるといつも「まだ大丈夫だ!」と大喧嘩になってしまう」と振り返った。

後日、車体が凹んでいることに気付いた際に、ユカイは「修理するから」と車を持ち帰ったそう。この時のことについて、ユカイは、「騙すようにして」車を母親の元から離したと表現しながら、「その時は胸が痛んだけど今思うとあんな風にしなければ免許を返納させる事は出来なかっただろう。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.