くらし情報『だいたひかる、治療時につけていたウィッグの“卒業”を決意した理由「悩みますよね…」』

2019年8月28日 17:04

だいたひかる、治療時につけていたウィッグの“卒業”を決意した理由「悩みますよね…」

だいたひかる、治療時につけていたウィッグの“卒業”を決意した理由「悩みますよね…」


アメーバニュース

お笑いタレントのだいたひかるが27日に自身のアメブロを更新。乳がん治療時につけていたウィッグを卒業したタイミングを明かした。

だいたは2016年に乳がんで右乳房の全摘手術を受け、今年3月に乳がんの再発を公表。5月16日に放射線治療を終えたことを報告していた。

この日、読者から寄せられた“ウィッグの卒業のタイミングがわからず、悩んでいますだいたさんは、もうウィッグはされていないんですか??”という質問に「私は今は地毛ですが、ウィッグの卒業時期は悩みますよね…」と回答。

そして、「春一番などでウィッグが吹っ飛んでいきそうな経験をしたので強風対策でウィッグを卒業しました!」とタイミングを明かし、「これがまさにウィッグ飛んできそうな時期の写真です」と自身の写真を公開した。

さらに、「前髪が中々伸びないのは抗がん剤あるあるですよね」とウィッグを付けていない当時の写真も公開したうえで、「でもウィッグ卒業したらしたで、短い方が似合うとか言ってくれる人がいたり、新しい自分の発見があったりしますよ参考になれば幸いです!」とブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「とても参考になりました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.