くらし情報『鬼龍院翔、新型肺炎の影響によるライブ延期への心境「仕方ない中でも出来る限りのことをファンの皆さんに届ける」』

2020年2月28日 16:41

鬼龍院翔、新型肺炎の影響によるライブ延期への心境「仕方ない中でも出来る限りのことをファンの皆さんに届ける」

鬼龍院翔、新型肺炎の影響によるライブ延期への心境「仕方ない中でも出来る限りのことをファンの皆さんに届ける」


アメーバニュース

ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーのメンバーである鬼龍院翔が27日に自身のアメブロを更新。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月5日に東京・府中の森芸術劇場 どりーむホールで開催予定だった『ゴールデンボンバー全国ツアー2020「楽器を弾いたらサヨウナラ」』の延期について心境をつづった。

この日、鬼龍院は「新型ウイルスによりライブを行うことが一旦できなくなってしまいました」と報告。「イベントの自粛を要請するという政府の方針以外でも連日のニュースに不安になってしまうのが仕方ない現状で、不安を抱えたままの人にエンターテイメントは何処まで届くのだろうかと考えたとき、確かに到底ライブを決行出来る現状ではありませんでした」と決断に至るまでの経緯を明かした。

鬼龍院は「音楽や笑いやエンターテインメントは不安を和らげてくれる存在だと思っています」とする一方で、「しかし、今回の状況はそれだけとは違い未知のものに対する回避しようのない不安が現段階では見てもらう人について回ります」と説明。「2011年の震災のときにもツアー初日が延期になりました」と振り返るも、「今回は震災とは全く違う状況です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.