くらし情報『笠井アナ、“今、そこにある危機”明かす「完食目指して無理やり食べました」』

2019年12月27日 18:37

笠井アナ、“今、そこにある危機”明かす「完食目指して無理やり食べました」

笠井アナ、“今、そこにある危機”明かす「完食目指して無理やり食べました」


アメーバニュース

元フジテレビアナウンサーの笠井信輔が26日に更新した自身のアメブロで、抗がん剤治療4日目の感想をつづった。笠井アナは12月19日に放送された情報番組『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)に生出演し、自身の口から悪性リンパ腫にかかったことを告白していた。

笠井アナはこの日、「抗がん剤24時間連続投与も4日目になりました」と報告し、「 ヤバイです。朝から食欲がありません。時間が経つにつれてどんどん元気がなくなっていく感じです」と説明。さらに、「24時間×3日間、点滴を続けているために水が体に溜まりすぎている」ため体重が増えたことなどを明かし、「やっぱりいろんなことが起きるんだなと、弱気な気持ちになってしまう1日でした」とつづった。

一方で、笠井アナは「自分の中で、これだけはしっかりやっていこうという決め事がありました」と述べ、「自分の体のことは、自分が1番わかっているので担当の先生や看護師さんに薬の量のことなど積極的に進言し相談しよう」と決めていたことを説明。「受け身の患者になって黙って黙々と治療をうけていては良くないと私は考えます」「病棟のみなさんとディスカッションしながら、出来るだけ自分の症状を毎日細かく伝え、薬の量や飲む時間を話し合って決めてゆきました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.