くらし情報『小原正子、発表会直前に独唱を拒否した長男を説得「プログラムにも印刷されている」』

2021年7月29日 13:03

小原正子、発表会直前に独唱を拒否した長男を説得「プログラムにも印刷されている」

小原正子、発表会直前に独唱を拒否した長男を説得「プログラムにも印刷されている」


アメーバニュース

お笑いコンビ・クワバタオハラの小原正子が28日に自身のアメブロを更新。ピアノの発表会直前に独唱を拒否した長男・誠希千(せいきち)くんを説得した日の出来事をつづった。

この日、小原は誠希千くんがピアノの発表会で「“アメージング.グレイス”と先生と連弾でベートーベンの“よろこびの歌”を弾きました」と報告。「独唱もありました!」と明かしつつ「この独唱については一悶着あって。。。。」と述べ、「ピアノの発表会の一週間位前から『歌いたくない!恥ずかしい』と言い出した」と発表会での独唱を拒否したことを説明した。

続けて「そもそも独唱は選択制で誠希千に聞いたら歌ってもいいよということだったので話をすすめたのに」と誠希千くんの許可を取った上で話を進めていたことを明かし、「先生も伴奏をしてくださるし、プログラムにも印刷されているし、ええええなんでぇ?!?」と突然の出来事に困惑した様子でコメント。

また、毎日説得を試みるも「前々日になっても『歌うんやったらピアノも弾きたくない!』とまで言い出した」といい、「やむなく先生に電話で事情を話し独唱は中止のご相談をしました」と説明。しかし、先生から「2人で話してもいいですか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.