くらし情報『星野真里、高校卒業から20年が経過「おばちゃんだよね」とつぶやく』

星野真里、高校卒業から20年が経過「おばちゃんだよね」とつぶやく

2018年4月4日 14:44
 

星野真里、高校卒業から20年が経過「おばちゃんだよね」とつぶやく


アメーバニュース

女優の星野真里が4日、自身のアメブロを更新。高校卒業からすでに20年経過したことに触れ、しみじみと過去を振り返っている。

「一人暮らしを始めてから20年くらい経ちますが、え?20年!?高校卒業からもう20年も経つの!?」と時の流れの早さに驚きを隠せない様子の星野。「そりゃもう・・・言いたくないけど、・・・おばちゃんだよね。」とぽつりとつぶやき、「もう甥っ子姪っ子からおばちゃんと呼ばれることを受け入れなくちゃだよね。」と自分に言い聞かせた。

また、若い気分が抜けていないという星野は「まだ若いんだから、と言われると、いや結構いってるんですよ、」といつも答えていたと明かし、「もう親にもなったわけですし、いい加減、今が良い加減です。」と心情をつづった。

続けて自身のことを「おばちゃんだ。そしておばあちゃん向かっているんだ。」と自虐的につづり、「その上でいつまでも若々しく暮らしてゆこう。」と述べている。

星野は「この春に向け、種から育ててみたり、球根を植えてみたり、自分で苗木を買ってきたり」と新しいことに挑戦しているそうで、「水やりをすることも、土から小さな芽が出た時の喜びも、それが日々育ち高鳴る胸も、みんな初体験。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.