くらし情報『子供と行くならシー、雨の日はお得、人気のお土産が進化…年間300日以上ディズニーに通うマニアに聞く最新ウラ話』

子供と行くならシー、雨の日はお得、人気のお土産が進化…年間300日以上ディズニーに通うマニアに聞く最新ウラ話

2018年4月4日 19:02
 

子供と行くならシー、雨の日はお得、人気のお土産が進化…年間300日以上ディズニーに通うマニアに聞く最新ウラ話


アメーバニュース

アメブロの中でも、特技や大好きなことをブログで発信している人にフォーカスをあてた独占インタビュー企画。第2回は「ディズニーに恋した家族」吉田さんファミリーの吉田よしかさんに話を聞きました。なぜそこまでディズニーに行き続けるのか?ハマったきっかけは?そして、吉田さんだから知る賢い回り方は?みんなが大好きなディズニーゆえに知りたいことがたくさんです。ディズニーマニアもそうでない人も楽しめる最新版ディズニーガイドをご覧あれ。

◆パークに通うのは、空気を吸うのと同じくらい当たり前の感覚

言わずと知れたディズニー情報が満載のブログ「吉田さんちのディズニー日記」。ディズニー好きなら一度は名前を耳にしたことがあるはずだ。2008 年からアメブロをスタートし、ついに今年で 10 周年を迎える。吉田さんファミリーのお母さんである吉田よしかさんは、今でも欠かさず毎日パークに足を運んでいるのだそう。また、ブログに度々登場するパパさんを始め、家族全員がディズニー好きというのだから驚き。東京ディズニーランドがオープンしてから35 年間通い続けているからこそ分かるツウな楽しみ方から今後の新情報まで、ディズニーにまつわるウラ話を聞いてみた。

ーどのくらいの頻度で、パーク(ディズニーリゾート)に行っているんですか?

吉田よしか(以下、吉田):なるべく毎日行くようにはしていますが、さすがに体の具合が悪いときもあるので厳密にいうと300日強くらいです。私が行けないときは主人や子どもたちが足を運んでくれたりと、家族で協力してパークレポートを続けています。海外のディズニーリゾートや大阪のユニバーサルスタジオジャパンに行くこともありますが、こちらに戻ったらやっぱり東京ディズニーリゾートに行きたくなりますね。だから、アメリカでも香港でも、大阪でも、帰ってきた日には必ずパークへ足を運んでいます。

ー今日もパークに行っていたとのことですが、そこまで好きになったきっかけは?

吉田:実はきっかけってないんです。パークに行くことは、私にとって日常。ご飯を食べて、お風呂に入って、就寝。そんな日常生活の中に「パークへ行く」ということが組み込まれているんです。行くのも当たり前、空気を吸っているのも当たり前、まさにそんな感覚でしょうか。ーご主人とはどのくらいの頻度でご一緒に行かれているんですか?

吉田:主人とはいつも一緒に行くわけではなくて、お互い別々に行くことも多くて。今日も行っているんじゃないかな?この日に行こうとか、こうしようとかは決めていないんです。だから、偶然パーク内で会ったりすることも。 別々に行った日は、帰ってから「今日はこれを見てきたよ」と写真を見せてもらったり。でも、もともと主人はディズニーに全く興味がなく、ディズニー=女性と子供が行く場所ってイメージが強かったみたい。東京ディズニーランドへ2回目に行った時、「ピーターパン空の旅」というアトラクションに初めて乗って「空を飛んでる!すごい!」ってすごく感動してから一気にディズニーランドの虜になってしまって(笑)。今ではすっかりハマっちゃっていますね。

ーそこまで好きなのに、パークの近くに住んでいないのはなぜですか?

吉田:私はパークまで“通う”ということも好きなんです。例えば、電車に乗れば東京駅や途中の駅でディズニーのこんなものが売っている、こういうイベントがやっていると気付くことができる。もし、今後歳を重ねて体が動かなくなり通うことが辛くなったら、その時は主人と舞浜付近の小さなマンションで過ごすかもしれませんね。でも、元気な限りは通いたいなあと思っています。

◆小さな子供と一緒にランドへ行くなら、まずファンタジーランドへ

ー子供と一緒にディズニーランドを回る際のコツはありますか?

吉田:一般的に3 歳くらいからディズニーランドって連れて行きやすくなると言われています。ランドでオススメの回り方は、最初にファンタジーランドへ行くこと。「イッツ・ア・スモールワールド」などがあるエリアです。

東京ディズニーランドって入り口が「現実」、向かって北が「夢」、東が「未来」、西が「過去」と設定されています。だから、まず現実から入ってまっすぐ夢の世界に連れて行ってあげてから、あとは未来に行くもよし、過去に行くもよし。ファンタジーランドの乗り物は小さなお子様が乗りやすいアトラクションが多いので、お子様が眠くならない午前中のうちに、乗れるアトラクションを存分に体験し、午後のお昼寝タイムにかぶらないようにしてあげると親も体力的に楽だと思います。お子様が眠くてぐずってしまったりすると親御さんも大変なので。

ー仮に天気が悪い日に当たってしまった場合、どうしたら良いですか?
吉田:雨が降っていて比較的混んでいる日だったら、入ってすぐの屋根のあるワールドバザールにキャラクターがたくさん出てきます。普段、いろんなところに点在していてなかなか会えないキャラクターたちが雨の日だけはここに集まって写真撮影などもできるので、キャラクター好きには意外とお得な日なんです。

◆ランドよりもシーのほうが、たくさんのキャラクターに会うことができる

ーズバリ、ランドとシー、いま行くならどちらだと思いますか?

吉田:お子様と一緒に行くなら、東京ディズニーシーがおすすめです。よく「逆では?」と言われるんですが、今の時期だからこそシーがいいと思います。

東京ディズニーシーって、実はキャラクターに会える施設が多いんです。例えばミニーマウスに会いたいと思ったら、ロストリバーデルタにある「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」に行くと必ず触れ合えます。東京ディズニーランドには2018年現在、ミニーマウスに会える施設がないんですが、2020年春には「トゥーンタウン」にミニーが常駐してくれる施設ができます。そうなったらいろんなキャラクターに会えるのはランドになっちゃうかもしれないですね。ただ、それまではグーフィやプルート、そして何よりダッフィーにも必ず会える施設やレストランがあるので、キャラクターに会うという意味ではシーが良いと思います。

ーこっそり教えてほしいのですが、パークが空いている具体的な日程ってあるのでしょうか?

吉田:意外な日程でいうと、5月5日。東京ディズニーリゾート以外のお出かけスポットが「こどもの日」イベントで割引になったりするので、お客様が分散するのかもしれないですね。クリスマス期間中は12月24、25日よりも11月末の方が圧倒的に混みます。12月に入ってすぐの平日も比較的空いていますよ。なかなかお休みが取りにくい日ではありますが、1年のうちでかなり空いているのは 1月8日。お正月休みが終わって、仕事始めのタイミングでもあるのでやはり落ち着いていますね。

ー10 年以上通われているからこそわかる今、注目のお土産は?

吉田:みなさんもご存知のとおり1 番人気はチョコレートクランチ。昔は一種類のみだったのに、だんだんホワイトやイチゴなど様々なフレーバーが出てきて、ついにベイクドチョコが発売されました。しかも、ミッキー型でかわいい!また、35 周年記念イベントとして4月15日から2019年3月25日までの約 1 年間ワールドバザールにある「ペイストリーパレス」と「アイスクリームコーン」が、期間限定店舗をオープンします。6種類のフレーバーから、好きなものを18個まで選んで缶に詰められるので、これは一押しです。

グッズでいうと、昔ディズニー内ではレジャーシートが売っていなかったのですが、最近いろいろなデザインが販売されるようになりました。これが良い!表が暖かい素材、裏がアルミ素材になっていて底冷えしにくいものや、バッグ付きで持ち運びしやすいものまでバラエティ豊富で選ぶのも楽しいですよ。

ー10年ブログを続けてよかったことは?また読者の方にメッセージをお願いします

吉田:ブログは出会いの架け橋のようなもので、とにかくいろんな方々と会うことができました。本当に感謝しています。パークでも、小さいお子さまからご年配の方まで全国のブログを見てくださった方にお声がけしてもらえて、毎日大変ありがたく思っています。先日も「いつかは私たち夫婦のようになりたい」って言ってくださったご夫婦がいて。なんと、ディズニーが大好きで鹿児島から引っ越していらしたそうです。夢を叶えるってすごく素敵ですよね。我が家も、ファン目線というスタンスは今後も変わらずにブログを書き続け、この先もずっとディズニーの夢を追いかけて行きます!

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.