くらし情報『廣瀬俊朗『ノーサイド・ゲーム』撮影でハードな1日「体が痛い 笑笑」』

2019年9月4日 16:59

廣瀬俊朗『ノーサイド・ゲーム』撮影でハードな1日「体が痛い 笑笑」

廣瀬俊朗『ノーサイド・ゲーム』撮影でハードな1日「体が痛い 笑笑」


アメーバニュース

元ラグビー日本代表の廣瀬俊朗が3日に自身のアメブロを更新。出演している日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)の撮影を1日行っていたことを明かした。

同ドラマは小説家・池井戸潤氏の同名小説が原作。大手自動車メーカー「トキワ自動車」で、かつて幹部候補と言われていたものの出世レースから外されてしまった中堅サラリーマンが、同社のラグビーチーム「アストロズ」を再建させるという物語。主人公の君嶋隼人役を俳優の大泉洋が演じ、廣瀬はアストロズのラグビー選手で、君嶋に反発しながらもチームのために情熱を傾ける浜畑譲を演じる。

この日廣瀬は「9話に向けて」というタイトルでブログを更新、「今日も撮影頑張ろっとなかなかハードな1日になりそう」とつづり「Today all day shooting for Astros!!」とチームメンバーたちとの集合ショットを公開した。

また「ガリガリ君ゴーフォワードありがとうね」と赤城乳業のラグビー日本代表オフィシャルライセンス商品『ガリガリ君 スポーツドリンク味』を持った自身の写真を公開、「今日は、撮影でタックルしまくって、体が痛い 笑笑明日もあるし、寝ます 笑笑」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.