くらし情報『堀ちえみ、“口内炎のようなもの”発見で病院へ「場所が場所だけに」』

2019年12月4日 18:42

堀ちえみ、“口内炎のようなもの”発見で病院へ「場所が場所だけに」

堀ちえみ、“口内炎のようなもの”発見で病院へ「場所が場所だけに」


アメーバニュース

今年の2月にステージ4の舌がん(左舌扁平上皮がん)、4月に食道がんの手術を受けたタレント・堀ちえみが3日に自身のアメブロを更新。口内炎のようなものが出来たため、病院で診察してもらったことを報告した。

この日堀は、2週間ほど前に「皮弁(移植した新しい舌)と、もともとの舌との境目に近い、もともとの舌側の先の方」に白い口内炎のような出来物ができたと明かし、「痛みも痒みもなく、むしろその周りに、ほんの軽い痛痒さがあった程度」と説明。

続けて「私がとても心配だったのは、素人判断ですが…境目のもともとの舌の側に出来たということ」と述べ「場所が場所だけに、不安で仕方がありませんでした。」と不安を感じていた様子でコメントした。

口腔外科の診察が入ってたといい「口内炎は所見では、異物であり悪性ではないとの事でした。」と報告し「もしかしたら溶けないで残った糸を、身体が異物として反応して外へ出した可能性が大きいです」「ごく稀に同じ手術をした患者さんにこういう事があるんです」と医師から言われたことを紹介。

医師からの説明を受け「全身から力が抜けていきました。そんな事があるんだ。」「びっくりして、暫くポカンとしてしまいました。」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.