くらし情報『古村比呂、白血球数が減少し爪割れ「これ以上 柔らかくならないで~」』

古村比呂、白血球数が減少し爪割れ「これ以上 柔らかくならないで~」

2018年6月5日 14:45
 

関連リンク

・父と息子の共同作業で生まれたスター・ウォーズ映画 脚本家親子にインタビュー
・HKT48宮脇咲良、カラオケを楽しむ姿に「元気そうでよかった」の声
・Hey! Say! JUMP・岡本圭人、9月から米留学へ グループ活動一時休止「自分を変えなければ」
古村比呂、白血球数が減少し爪割れ「これ以上 柔らかくならないで~」


アメーバニュース

女優の古村比呂が4日に更新した自身のアメブロで、子宮頸がんの抗がん剤の副作用のため白血球数が減少しつつあることを報告し、爪が割れるなどの症状について述べた。

ブログで「さて ソロソロ 白血球数が減少する頃」と切り出した古村。風呂上りにその兆候がみられるといい、「手先 足先 足裏痺れ 鼻血 動悸」と症状を列記したうえで、「今までで 一番ガツンと来ているのが爪割れと変形」と明かした。

古村によれば風呂上がりは特に爪が柔らかくなっているため、端などが欠けやすいのだという。「昨日は 食器洗いをしていたら爪がバリって剥がれるような引っ掛かりが来て ビックリ」と明かし、「爪を濡らす時は 慎重かつ丁寧にを心掛けてます」とつづった。

古村は「これ以上 柔らかくならないで~と願うばかりです」と述べ、自身の手の色を比べた写真を公開。「久しぶりに 比べると真っ黒ですね」とコメントするも、「あっ 日焼けかなぁ」とお茶目につづっていた。

この投稿に対し読者から「爪は保湿、マニキュアは欠かせません。かなり保護できます」「私はお風呂上がりやしばらく水に触れないときは念入りにネイルオイルを塗り込んでいました」などの体験談が寄せられていた。

これらのアドバイスを受け古村は、翌日の5日に更新したブログで「たっぷりネイルオイルしっかりとマニキュアは 早速始めます」とコメント。さらに「「暫くウクレレは お休みかな」とちょっと凹んでいた私ですが皆さまの経験を読んで皆さまの向き合う逞しさに「よーしハワイでウクレレを弾くぞ」そんな強いパワーが込み上げてきました」と前向きな気持ちにもなれた様子。「ありがとうございます」と読者に感謝を述べて締めくくった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.